スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

正月の風景 その1

祝島のお正月は、とても静かなのだと聞いていました。冬になると風が強くて寒いし、海が時化て定期船もかなり揺れ、孫たちを呼び寄せるのには忍びない。だからお盆の方が、帰省客は断然多くて、にぎやかなのだと。今年は神舞があって、普段なかなか帰ることができない人も夏に戻ったこともあり、なおさら正月は静かだろう、ということでした。

それでも、いつもの島から比べると、年末年始を祝島で迎えるために帰ってくる人たちで、ほんのりにぎやかになって、みんな年越しの準備で急がしそうで、いよいよ年の瀬が迫っていることを感じるのでした。

お正月に欠かせないもの…それはお餅。祝島では、まだまだ自宅で餅搗きをするお家がたくさんあります。若手がいなくなり、さすがに杵で搗く光景は見られなくなりましたが、それでも、大概のお家には、自家用餅つき機があって、餅は自分たちで搗くもの、というのが祝島では大方の感覚なのです。

29日の9(苦)が明けて、30日をまわったら、餅搗きの準備が始まります。この日は、いつも遊びにいくイトウのおばちゃん家を訪ねました。親戚、友人、そして息子さん、娘さん夫婦と総勢7人。

30日の午前0時半から、お米を蒸すために、竃に火を入れました。普段は使われずに眠っている竃も、この時とばかりは大活躍。火の番は男衆の役目です。

餅米が蒸し上がると、餅つき機にお米を入れていきます。餅つき機にも、各家庭によって、色々な種類があります。お肉をミンチにする機械を大きくしたような業務用のもの、パンこね機にも使える炊飯器のような形状のものなど。

そして、つき立てでまだアツアツのお餅を、女衆がきれいに丸めていきます。お供え用のお飾り、丸餅、そしてあんこを入れた“あんべん”。

正月餅つき風景


餅米を蒸かす甘い匂いと、餅つき機が廻る音。そして「昔の餅つきは~」なんて話しながら、笑いながら、わいわい作業を進める風景は、本当に楽しそうで、活気に溢れています。昔は、ここに小さい子どもも加わって、それはそれはにぎやかだったんだろうな、と想像します。


よもぎ入りのあんべんは、大福よりもひとまわり大きくて、あんこもたっぷり。撮影が終わったときに、大久保さんと私にあんべんを焼いて下さいました。口いっぱいにほおばって、つきたてのお餅のおいしさに感動。でも一個でお腹はいっぱいです。イトウのおばちゃんは、「アンタ、若いのに一個しか食べないなんて、どうしたものか」と言います。ほんとにお腹いっぱいなのです。それならばと、イトウのおばちゃんの娘さんは、そのあんべんを三個、食べたのでした。さすが!

その後も、餅つき風景を撮影してまわる度にあんべんをごちそうになり、この日は、完全に甘いもの摂取オーバーとなったのでありました。

正月お餅


  1. 2009/01/06(火) 12:56:07|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0

新幹線は乗車率160%

今は帰りの新幹線の中。乗車率160%。この調子だと、広島から東京までずっと立ちぼうけとなりそうです。

祝島にこうして通えるのも、応援する会のみなさまが支えて下さるから。そう思うと、島にいる間は一分一秒も無駄にできない。そんな気持ちでいつも撮影以外でも島中をウロウロぐるぐる周っています。
島にいる間は、島から力をいただいて突き動かされているような気がいつもしています。

だから祝島を出た途端、電池が切れたようになって、柳井港駅の階段をあがるときの足の重いこと、重いこと。こうしていつも東京に帰ってからしばらく苦しむのです。

でも、今年は、そんなことは言っていられません。時は金なり。東京でもしっかりと動いていきます。やることは山のようにあるのです。

とりあえず明日は一日、正月休みをいただいて、ひとしきり寝て、また月曜日から動き始めます。

大久保さん、きさらちゃん、お疲れ様でした!
そして、ヒサちゃん、ノリちゃん、本当にお世話になりました。


  1. 2009/01/03(土) 18:20:00|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0

2009年の幕開け

往復1時間半の山道を歩いて、行者堂へ初詣に行き、さきほど帰ってきました。

新年、明けましておめでとうございます。

私と撮影の大久保さん、製作デスクのきさらちゃんと一緒に、祝島で2009年を迎えました。
30日の午前2時から始まった餅つき、お飾りのお供え、紅白歌合戦を見ながらの年越し風景と、撮影は大忙し。それが終わった後は、お世話になっているヒサちゃん宅で、明け方まで宴会し、そして年賀状書き。寝ているヒマはありません。

いやいや、今回に限ったことではありません。
祝島にくると、寝る時間はとっても短い。
寝ているのがもったいないのです。
楽しくて、したいことがたくさんあって、ついつい寝ることが後回しになってしまう。
そのことが、今はこよなく幸せなことに感じられます。

それでもさすがに、今は、このブログを打ちながら、まぶたがおもーくなってきました。

…どうぞみなさま、本年もよろしくお願いいたします!


  1. 2009/01/01(木) 17:09:52|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0

夜行列車、万歳!

今は夜行列車の中である。

怒涛の日々を終え、今はホッとひといきつきながら、車窓の流れゆく夜の街並みを心から楽しんでいる。
22時東京発のサンライズ出雲。明日の6時半には岡山につき、乗り換えて柳井港まで。これでいけば、昼便の定期船に乗ることができるのだ。
寝台は、一番安いノビノビ座席でも、横になって足を伸ばせるので、かなり快適!夜行バスより断然いいぞ。
東京にいる間の緊張感やら、時間の流れの早さやら、様々なことが絡みあっている複雑さから、この寝台列車がゴトンゴトンと少しずつ違う世界に連れて行ってくれるような気がする。
そうして明日には祝島だ。

今から、応援団事務局長のきさらちゃんが持たせてくれた夜食をいただこう。そして早々と、寝るとしよう。
そう、深夜のドーナツ!クリームたっぷり。また島のみんなに太ったと言われたっていいのだ!

サンライズ車窓





  1. 2008/12/08(月) 22:53:07|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0

北西の風が全身に凍みる

昨日の晩便で島に入った。

いつもの通り、柳井港から定期船“いわい”に大久保さんと乗り込み出港。
穏やかな天気と思っていたのも束の間。
祝島が目の前に現れて、鼻繰島を過ぎたところから海がうねりはじめる。
こんなのは、ほんの序の口と言われながらも、
船は大きく上下して、ちょっとした子供乗りジェットコースター気分。

島につくと、北西の風が吹き荒んでいる。まさにこれが祝島の冬。
だいたい11月から3月くらいまでは、この厳しい北西の風が続き、
海も時化る日が多くなる。漁に出られない日も増える。
集落の家々も、道で行き交う人と同様に、
背中を丸めて、風をしのいでいるようにみえてくる。

今日はそれに合わせて、今年一番の冷え込み。
初冬の風景を探しに、西の山まで、スクーターに乗ってロケハンに行くが、
全身で風を受け、スクーターも止まりそうになる。
飛び立った小鳥も、羽ばたくのが間に合わず、風に流されていく。

家に戻る頃には、すっかり全身がかじかんでいた。
これはもう、ババシャツとタイツが欠かせない。

そういえば、ばっさり切った髪型は、島ではまったくもって不評である。。。


  1. 2008/11/19(水) 22:41:38|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。