スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京ー祝島間、8時間は長い?短い?

昨日から祝島に来ている。
東京ー祝島を往復するのも、20回を超えた。
自宅を出てから祝島まで、新幹線を使う場合は約8時間半かかる。

先日、島のおばちゃんたちと話していた時のこと。
「あんた、東京から祝島までどのくらいかかるん?」
「家を出てからだと8時間半くらいかな…。」
「ずいぶん早くなったもんやね。」
「……!?」
「昔は、一昼夜かかったもんよ。それにあんた、今だって、わしら病院に行くのも、朝便(6時半)で島を出て、晩便(16時半着)で帰ってくるんよ。一日がかりなんよ。」

そうか…。
8時間半の移動なんていったら、近場の海外よりも断然時間がかかると思っていたけれど、島のじいちゃんばあちゃんが、病院に行って帰ってくるまでにかかる時間は10時間。私の中に流れているのは、大都会東京の時間、一本電車に乗り遅れても、5分後にはすぐに次の電車がくる、そんな時間にすっかり慣らされてしまっているのだなあと、あらためて思うのだった。

時間は誰にも平等に、そして均等に流れているものと思っているけれど、でも今自分が住んでいる場所が保有している時間感覚が、自分の時間感覚になっている。その土地が持つ“時間”が、自分の時間になっている。
そして、もしかしたらその場所ごとに、時間の質量みたいなものも違うのかもしれない。

東京での1時間と、祝島での1時間、確かに違うんだよな…。




スポンサーサイト
  1. 2009/06/01(月) 22:57:20|
  2. 島の生活
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://holynoshima.blog60.fc2.com/tb.php/56-87d7c1e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。