スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学生時代にタイムスリップ!

今夜、久しぶりに学生時代の旧友二人と会った。

私は中学から短大まで、自由学園という一貫教育の学校に通っていた。
この学校は羽仁吉一・もと子夫妻によって、大正10年に創立。思想しつつ、生活しつつ、祈りつつをモットーに、24時間の生活すべてが勉強であるとという理念の下、様々な実践教育が行われている。

例えば、だだっ広い公園のようなキャンパス(3万坪)を管理するのも生徒。毎日の昼食も、生徒自身が料理の勉強として作り、食器の後片付けはもちろん、学校で使っているものの洗濯や、食材の仕入れ、その他ありとあらゆる運営を生徒自らの手で行っている。自分のことは自分でする。自労自治が勉強の大きな柱なのである。

季節ごとに違う木に登っては剪定をし、料理で出た残飯をリアカーに乗せて焼却場まで運び、炎天下の中、芝生の草刈りをする。魚を何十匹とさばき、学校中の雑巾を集めて釜で煮洗いし、夜遅くまで、野菜の注文数をとりまとめる。

そんなことばかりしていたものだから、私の中では、学校に“働きにいっていた”という言葉のほうがしっくりする。学校を卒業して、企業に就職した時、同期の女の子が社会人て大変…、とぼやいている横で、私は学校の時よりも身体はラクで、さらにお金をいただけるなんて!とひとり感動したのであった。

自由学園は少人数教育で、一学年一クラス。60人から80人の友人と5年~8年間を過ごす。競争ではなく協力、との教えの中で、学期ごとに全員の話し合いの下に編成される班も“家族”と称され、まさに日々の生活を共にする。

学園生活、今となってはすべてが良き思い出であるが、当時は毎日が本当に苦しかった。素晴らしい理念を持ちつつも、硬直化、空洞化している教育体制や、伝統を守ることばかりに固執する教師陣に私はいつも楯突いていた。

その中で、生活を共にしていた友人は、まさに家族であった。家族とは、好き嫌いで選択できる関係ではない。長所も、短所も、その性質も違う人間を認め、受け入れ共に生きるという関係だ。そういう前提で、クラスの友人と8年間を共に過ごした。そして卒業して14年。今でも、私にとって、学園時代の友人は、本当にかけがえのない存在だ。これからも、このつながりが私の中で消えることは決してないだろう。

そんな時代を共に過ごした友人、コウチとシホに会ったのだ。話していると、今の近況報告から、「高2のあのときは…」の話しに飛び、家族の話しになり…、もう話すうちに段々興奮して、ツバを飛ばすやら、大声になるやら…。ああイイ大人がみっともない。

そして、びっくりしたのだ。
なんと、祝島の真っ正面に見える田ノ浦、そう上関原発予定地である湾に、コウチは長島の自然を守る会の人と一緒に調査で潜っていたのである。それも私が、『アレクセイと泉』のフィルムを持って島を訪れた時とそう変わらない時期に。卒業してから今の今までまったく別の道を歩んでいたと思っていたのに、こんなふうに、人生が交差しているなんて。実に不思議なものである。

色々なことを話しながら、自分の奥の奥の部分が久しぶりに開いて、ほぐれていくような感覚になった。そしてやっぱりあの頃と変わらずに、一生懸命生きている二人を目の前にして、なんだか涙が出そうなほど、愛おしい気持ちでいっぱいになった。

新宿駅で、別れ際、思わず二人に抱きつき、そして帰路についた。


スポンサーサイト
  1. 2009/03/06(金) 01:17:46|
  2. つながる
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://holynoshima.blog60.fc2.com/tb.php/49-8f707e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。