スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北西の風が全身に凍みる

昨日の晩便で島に入った。

いつもの通り、柳井港から定期船“いわい”に大久保さんと乗り込み出港。
穏やかな天気と思っていたのも束の間。
祝島が目の前に現れて、鼻繰島を過ぎたところから海がうねりはじめる。
こんなのは、ほんの序の口と言われながらも、
船は大きく上下して、ちょっとした子供乗りジェットコースター気分。

島につくと、北西の風が吹き荒んでいる。まさにこれが祝島の冬。
だいたい11月から3月くらいまでは、この厳しい北西の風が続き、
海も時化る日が多くなる。漁に出られない日も増える。
集落の家々も、道で行き交う人と同様に、
背中を丸めて、風をしのいでいるようにみえてくる。

今日はそれに合わせて、今年一番の冷え込み。
初冬の風景を探しに、西の山まで、スクーターに乗ってロケハンに行くが、
全身で風を受け、スクーターも止まりそうになる。
飛び立った小鳥も、羽ばたくのが間に合わず、風に流されていく。

家に戻る頃には、すっかり全身がかじかんでいた。
これはもう、ババシャツとタイツが欠かせない。

そういえば、ばっさり切った髪型は、島ではまったくもって不評である。。。


スポンサーサイト
  1. 2008/11/19(水) 22:41:38|
  2. 撮影編
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://holynoshima.blog60.fc2.com/tb.php/31-f423bd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。