スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

応援してくださるみなさまへ

応援する会を立ち上げていただいて以来、ほぼ毎日、数件の協力金が寄せられています。
本当にありがとうございます。心からお礼申し上げます。

お一人、お一人にお礼のお手紙を書きながら、どのようにこの映画のことを知り、何を想ってご自分の大切なお金を協力金としてお寄せいただいたのだろう、と思い巡らしています。
私の心を揺さぶった祝島の人たちのことを映像におさめたい、そして伝えたいという一心ではじまったこの映画製作。私にとっては、初監督作品であり、まだ海のものとも山のものとも知れないものに、みなさんの想いを重ねていただけることが、本当にありがたく、同時に、いかに祝島の背景にあるものに関心をお寄せいただいている方が多いかということも感じ、大きな責任も感じています。そして、何よりもこのようなたくさんの想いに支えられ、この映画製作を進められることに感謝の気持ちでいっぱいです。

協力金は、当面は、来年いっぱい続く撮影費として使わせていただくことになります。撮影隊としてはもっとも最小単位の二人(監督&カメラマン)で撮影しています。現地では空家をお貸りし、また食べるものも差し入れがほとんどで、島のみなさんからも強力なバックアップをいただいているので、島での滞在中はまとまったお金がほとんど必要ありません。撮影費の中で一番大きなウェイトを占めているのは、交通費となります。

この映画製作に関しては、とにかく時間をじっくりかけて、できるだけ多くの時間を島の人たちと一緒に過ごして生活の様子を撮影していきたいというのが私の希望です。そのために、これから島に通う回数もますます増えていくと思います。どうぞよろしくお願い致します。


昨日、東京に戻ってきました。
夜行バスからはじまり、室津~祝島~山口県庁~長野小諸と長い道程でした。

さあ、たまっているお礼のお手紙書きをはじめようと思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金) 12:51:04|
  2. 応援団
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://holynoshima.blog60.fc2.com/tb.php/24-88dd61c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。