スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

9月17日上関町議会の編集をしています

 けっきょく、9月17日に島に入ってから、10月5日までの約半月、島に滞在することになった。東京に戻ってからは、9月19日に行われた上関町議会の一日を編集をしている。

 この日、中国電力から出された「原発建設予定地」海域の『公有水面埋立て免許願書』に対して、上関町議会で意見案が上程され、賛成9、反対4で可決されたのである。

 その時、役場の廊下にいた私は、漏れ聞こえてきた議長の声で、可決されたことを知った。胸がぐーっと押しつぶされそうになった。そうして、やるせない気持ちでいっぱいになった。そして、ああ、島の人たちはこんな思いを26年間、繰り返してきたのだと思ったら、いかんと思いながらも涙がおさえられなくなった。

 議会が終わり、島の人たちと臨時便に乗って帰る船上、みな一日の座り込みで疲れを浮かべながらも、それでもいつものように元気に話し、時には笑い声まで聞こえてくる。みんなが共通して抱く、暗くて深い悲しみの中でも、こんなことに負けちゃいけん、また明日から今までどおりにやっていくんだ、という暗黙の団結力を全身で感じた。何度も何度も打たれてきたゆえの鋼のような強さをみるような気がした。そして、そうだ私もできることをしなければと強く思いながら、島に帰ってきたのであった。


スポンサーサイト
  1. 2008/10/21(火) 10:00:15|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://holynoshima.blog60.fc2.com/tb.php/16-f8722a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。