スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

映画『祝の島』公式HP開設!

この度、映画の公式HPを立ち上げました。
きさらちゃんが1から習い覚えて作った力作です!
映画に関するニュースなども、こちらに随時掲載していきますので、どうぞご覧下さい。


映画『祝の島』公式HP
http://web.me.com/polepoletimes/hourinoshima/top.html







スポンサーサイト
  1. 2009/08/26(水) 17:04:21|
  2. 映画製作
  3. | トラックバック:0

自然は自分たちの存在そのもの

知人から、自分が過去に読んだ好きな本を読み返すのはいい気分転換になると言われ、久々に手にとったのが星野道夫さんの「ノーザンライツ」。20代前半の頃、私は星野道夫さんの本を愛読していた。

あらためて思い返すと、私は小さい頃からずっと自然に憧れていた。私の両親は東京生まれの東京育ち。私には田舎というものがなく、小学校に入った頃の口癖は、田舎に行きたい、だった。小学3年生の夏休みには、仲良しの友達の田舎、岩手県の遠野に一ヶ月ホームステイさせてもらったほどだ。

高校卒業の時にクラスで作った文集には、将来の夢に「電気のない生活をする。すべてを自らで作り出したい」と書いた。そんなことはとっくに忘れていたので、最近その言葉を見つけてびっくりしてしまった。今こうして、映画製作を通して、電気を作り出す原子力発電所と向き合っていることは、やはり無関係ではないのだろう。

山小屋でアルバイトしたり、カヌーで川下りをしたり、自転車旅行をしたり、スキーをしたり、テントを背負って徒歩旅行したり、波乗りしたり。とにかく、自然の中に自分の身を置くことを渇望していた。でもそれはどうしたってレジャーやスポーツの領域を脱することはなく、自然と共に生き“生活”をしている人に対して、ずっと憧れと尊敬の想いを抱いていた。だから、アラスカに広がる大地に惹かれて、旅人であった星野さんがその地に根を下ろし、あたたかい眼差しで生命あるものを見つめている世界に引きつけられたのは、とても自然なことだったと思う。

その星野さんの遺作となった「ノーザンライツ」の中で、こんな話しが出てくる。アラスカ北東部の壮大な原野は、数十万頭にもおよぶカリブーの出産地であり、かつてアイゼンハワー大統領が未来の世代のためにこのまま残しておこうと野生生物保護区にした場所だった。しかし、油田発見を機に、アメリカ経済政策の中に組み込んでゆくかどうかで、アメリカ中が論争に揺れ、環境問題のシンボル的な存在となっていく。その地にはカリブーの狩猟生活に大きく依存するグッチンインディアンの人々がいた。しかし、油田開発に反対するシェラクラブをはじめとする様々な環境団体は、あくまで白人の視点に立った自然保護運動を続けていた。そんな中で、グッチンインディアンたちは自ら声を上げる。“ちょっと待ってくれ。おれたちの想いは、あなたたちの考えている自然保護とはすこしちがうんだ。おれたちは季節と共に通り過ぎてゆくカリブーを殺し、カリブーと共に生きている。自然は見て楽しむものではなく、おれたちの存在そのものなんだ”と。

10年以上も前に読んだこの話しは、私の心の奥底に刻まれた。そして今再び読み返し、この言葉を祝島の人たちに重ね合わせている。

島の人たちにとって、海は生計を建てるためのものだけでなく、それ以前にまず自分たち自身がこの海で獲れた魚を食べて生きている。目の前の海に行けば、いつだって新鮮な魚や貝、海藻があって、それを食べて祝島の人たちは大昔から生きてきた。「必要最低限のお金があればそれでいい。海はお金では売れん!」という祝島の人の言葉は、何代にもわたって、海の恵みで生きてきたその記憶に裏付けされたものなのだ。都会に住む人が、思想やイデオロギーによって、或いはたくさんある選択肢の中から原発に反対するのとは違って、島の人にとっては原発という存在は千年単位で続けてきた生活を断絶することを意味する。島で生活を続けていくことと、原発に反対することはイコールなのだ。

都市に住む者と“その地”に住む者との違いを認識することは、とても重要なことだと感じている。そして、巨大化した都市で生きる者は(まさにこの私のことでもある)、膨大なエネルギーを消費している一員として、様々な場面に用意されている様々な選択肢の中で、何を基準にしてものを選ぶか、その責任は重大である。そこには、選択肢が数多くある分、よりいっそうの厳しさを持って、意識して、選択、決断していかなければいけない。多く、安く、簡単に、便利に、を追求する選択が寄り集まっている中で、これからの自分、自分の子ども、そのまた子どもたちにとって、真の幸いをもたらす選択とは何か、そのことをいつでも念頭においておかなければいけない。ひとりひとりの責任は非常に重い。

瀬戸内海の海と祝島の土とにつながって生きてきた祝島の人へ心から敬意を表し、この島の人たちの真の協力者、応援者でありたいと強く強く願っている。



夕焼けの海



  1. 2009/08/15(土) 00:31:46|
  2. 島の生活
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。